2022.09.15

6月の訪日外国人観光客受け入れ再開から2ヶ月、中国語、韓国語の利用者数は2倍以上に。宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール「Kotozna In-room」利用データより判明

Kotozna株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 後藤玄利、https://kotozna.com/ )は、当社が提供する宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール「Kotozna In-room」利用データより、8月の国内宿泊施設での外国語利用状況を調査しました。その結果、言語別の1日あたりの平均利用者数は6月比で、中国語が約2.3倍、韓国語が約2.7倍に増加していることが分かりました。訪日外国人観光客受入再開以降、アジア圏中心にインバウンド回復の兆しが見受けられます。

また、こうした背景から重要度が高まっている宿泊施設の非接触・多言語対応に向け、9月22日(木)・23日(金・祝)の2日間、東京ビッグサイトで開催されるツーリズムEXPOジャパン内「トラベルソリューション展 2022」に出展いたします。ブース内では宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール『Kotozna In-room』のデモ展示や、今月発表された多言語チャットツール『Kotozna laMondo』の紹介を行います。


・訪日外国人観光客受入再開以降、アジア圏中心にインバウンド回復の兆し


当社が提供する宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール「Kotozna In-room」は、宿泊客が施設案内や周辺観光情報などを自分の言語で確認することや、施設内のどこからでもスタッフと母国語同士でチャットができるサービスです。2020年10月より提供開始し、109言語に対応しています。

今回、7月に引き続き国内宿泊施設での「Kotozna In-room」利用者の外国語利用状況を集計したところ、英語の利用者数については6月比微増となりましたが、中国語で約2.3倍、韓国語で約2.7倍に増加していることが分かりました。6月10日に訪日外国人観光客の受入を再開しましたが、訪日外国人観光客受入再開以降、アジア圏中心にインバウンド回復の兆しが見受けられます。

9月7日より、1日あたりの入国者数制限も2万人から5万人に引き上げられ、添乗員を伴わない訪日パッケージツアーについても入国可能となったことから、今後も円安などを背景に海外旅行者は増加傾向が見込まれると考えられます。一方、ビザの免除や個人旅行の解禁は依然として見送られており、急激な増加にはならないとの見方もありますが、宿泊施設での非接触・多言語対応のニーズは高まってくると予想されます。

 

 

・客室数100室の宿泊施設では、「Kotozna In-room」導入で年間約2,200時間分の業務量削減を実現


「Kotozna In-room」を導入頂いているリゾートホテルA社(客室数:100室)の試算では、導入後約2,200時間分の業務量の削減を実現しました。従来では、チェックイン時に館内案内等の情報を書面で説明していたのに加え、客室にも館内や周辺施設等の紙パウチ資料や、タブレットを設置していました。

これらの情報を「Kotozna In-room」に集約することで、チェックイン時の書面説明の時間を大幅に短縮するとともに、客室内の紙資料の差し替え業務や、部屋置き資料の除菌業務や、それにかかる資材コストなども削減できるようになりました。さらに、お客様側からのフロント等へのお問い合わせ数も従来の2/3に減少し、対応時間の削減とともに顧客満足度の向上にも貢献していることも見込まれています。



 

 

・ツーリズムEXPOジャパン内「トラベルソリューション展 2022」に出展


Kotoznaは、9月22日(木)・23日(金・祝)の2日間、東京ビッグサイトで開催されるツーリズムEXPOジャパン内「トラベルソリューション展 2022」にて、ブース出展を行います。ブース内では宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール「Kotozna In-room」のデモンストレーションや、今月発表した多言語チャットツール「Kotozna laMondo」の紹介を行います。「Kotozna laMondo」は越境ECに取り組む事業者に加えて、ホテル・旅館業の「旅前」のお問い合わせ対応でも活用が見込まれます。

 

■「トラベルソリューション展 2022」出展概要


日時:9月22日(木) 10:00-17:00
   9月23日(金・祝) 10:00-18:00

場所:東京ビッグサイト 東1ホール内(ブースNo.TS-028)
   東京都江東区有明3丁目10−1 国際展示場東展示棟

入場料:無料

https://messe.nikkei.co.jp/ib/

 

 

・「Kotozna In-room」について


「Kotozna In-room」は、多言語同時翻訳チャットツール「Kotozna Chat」(109言語対応/2022年5月末時点)をベースに新たに開発された、宿泊施設向けコミュニケーションツールです。2020年10月より提供開始後、約240施設で導入いただいています(2022年7月現在)。宿泊客はアプリをダウンロードする必要なく、スマートフォンでQRコード(注1)を読み込むだけで、施設案内や周辺観光情報などが自分の言語で表示され、施設内のどこからでもスタッフと母国語同士でチャットができます。よくある質問にはチャットボットが自動返答することもでき、スタッフは必要な対応に専念できます。ゲストサービス、施設内で利用できるクーポンなど10テーマ・60項目のメニューが提供可能な上、施設のニーズに合わせ、対応項目をカスタマイズできます。本サービスの導入により、宿泊施設スタッフとゲスト間のバーチャルでのコミュニケーションを強化することで、「非対面」「非接触」「ソーシャルディスタンス」「3密回避」、並びに「多言語対応」「業務効率化」「売り上げ拡大」を同時に実現します。

注1)QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

 

■ 製品サイト


Kotozna In-room

 

 

・「Kotozna laMondo」について


「Kotozna laMondo」は、多言語でのチャットお問合せ窓口を設置できるサービスです。企業のECサイトや製品ページに任意のローコードを埋め込むだけで、問い合わせ入口のウィジェットを表示できるようになるチャットツールです。

言語数は、日本語、英語、中国語をはじめとした109カ国語に対応しています。

導入費用:月額1万円~(1アカウント)

 

■ 製品サイト


Kotozna laMondo