宿泊施設事業者様向け

最大450万円のIT導入補助金で ニューノーマル時代の事業変革にコミット

Kotozna In-roomは IT導入補助金2020 対象の ITサービスとして認定されています。

IT導入補助金について

IT導入補助金事務局

最大450万円の 費用を補助

事業者

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等の皆様に対して、経営課題や事業ニーズに即したITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入経費の一部を国が補助するものです。 新型コロナウイルス感染症に対する対策や、同感染症の拡大防止に前向きに取り組む事業者の、生産性向上や業務効率化、収益拡大を後押しします。 2020年度は同感染症の流行を鑑み、特別枠(以下、「C類型」という)が設置されました。C類型の支援対象となるのは、①サプライチェーンの毀損への対応、②非対面ビジネスへの転換、③テレワーク環境の整備にかかるITの導入、具体的にに取り組む事業者様です。

IT導入補助金対象者

旅館業に従事する事業者

資本金:5000万以下 常勤の従業員:200人以下

※その他いくつかの条件があります。詳細はこちらをご覧ください。

「オンラインでのお客様対応へのシフト、サービスデジタル化といった、非対面型ビジネスモデルへの転換を推し進めていきたい。」また、「お客様向けの案内や広告類をデジタル化することで、作成の手間やコストを削減したい。」といった事業者様が対象になります。

In-room導入による補助金申請のメリット

Kotozna In-room(ソフトウェア)の導入だけでなく、PC・タブレット・スマートフォン等のハードウェアにかかるレンタル費用も補助対象

コロナ禍における事業転換の支援としてだけでなく、コロナ後の事業拡大を見据え、デジタルを軸としたサービス提供体制を整えることができる

補助金申請する場合の6ステップ

Step 1

補助金申請に関してお気軽にお問い合わせください。 現状の課題、事業規模、お客様への提供サービス等、 必要事項をヒアリングさせていただきます。

Step 2

IT導入補助金事務局への補助金交付資料作成し、提出します。 KotoznaまたはJTBがサポートさせていただきます。

Step 3

IT導入補助金事務局から補助金交付決定通知を受け取った後、Kotozna In-roomの契約手続きに進みます。

Step 4

策定した事業計画に基づき事業を実行します。 Kotozna In-roomを導入し、サポートを受けながら 運用を開始します。

Step 5

事業完了後、 導入先事業様とIT導入支援事業者(Kotozna, JTB)で 事業実績の報告を行います。

Step 6

事業終了後、労働生産性向上に係る 数値目標に関する情報等の事業実施効果を報告します。

補助事業申請対象区分概要

申請区分
申請類型
補助申請額 上限・下限
補助率
補助対象経費区分
C類型
C類型-2
30万円~450万円
3/4
  • ソフトウェア費
  • 導入関連費
  • ハードウェアレンタル費

詳細は『IT 補助金2020』の ウェブサイトをご覧ください。

交付申請期間
申請類型
2020年5月11日(月)受付開始~2020年12月下旬
8次締切分:2020年11月2日(月)17:00まで

最新の交付申請スケジュールはこちら。

FAQ

Q

Kotoznaが申請をしてくれるのでしょうか?

A

補助金申請内容を随時確認し合いながら書類を作成していくため、お客様とJTB・Kotoznaで一緒に申請していくことになります。

Q

申請のサポートは有料ですか?

A

補助金申請から導入、その後のIT導入補助金事務局報告まで無料でサポートいたします。